結婚式のご祝儀袋のマナー

結婚式に招待されると、嬉しいしお祝いしたい気持ちになりますね。しかし、マナーがよく分からず悩んだり気疲れしてしまい、出席するのが憂鬱になってしまう方も多いのではないのでしょうか。そんな結婚式のお悩みの中でも今回は「ご祝儀袋」のマナーについて分かりやすくご紹介します。まずはどんな袋を選び、どれくらいの金額を入れればいいのかですね。御祝儀袋にはたくさんの種類がありますが、袋の価格はご祝儀の100分の1が目安です。いくらお祝いでも袋だけ豪華なものですと、恥ずかしいですね。水引は結び切りを選び、蝶結び(何度でも結びなおせる)は結婚式の場合、縁起が悪いので避けます。そして入れる金額は4(死を連想)や9(苦を連想)は縁起が悪いので避けましょう。友人・同僚なら3万円前後が相場とされています。さらにお金はピン札を用意しましょう。そして袋の表とお札の表(肖像画の書いてある方)を合わせ入れます。つぎに中袋の裏に丁寧に住所と名前を書き、ご祝儀の金額は旧字体(例:金三万円→金参萬円)で書きましょう。中袋の隅にお祝いの一言を添えてもよいでしょう。最後に上包みの下側だけをはずしてお金を入れた中袋をしまい、閉じます。このとき下側の折り返しが上にくるようにしましょう。仕上げに水引の位置を整え表書きを添えればあなたの御祝儀袋の完成です。マナーのポイントさえ押さえれば難しいことはないのです。これからは気持ちよく結婚式に出席してくださいね。