プチギフトの楽しみ

プチギフトとは、もしかしたらなんらかの定義があるのかもしれませんが、私の中では、ちょっとした贈り物という意味で捉えています。
言葉の意味は文字通りそうだと思うのですが、日常生活の中で、いかにしてスマートにさりげなく実践するかが、私にとっての挑みどころです。
というのも、贈り物をするというのは意外とむずかしいもので、相手にかえって気を遣わせたりしがちです。
その点、相手にとって負担にならない程度というものを探りながら贈るプチギフトは、私にとって、いろいろ考えながら贈る、楽しい贈り物となります。
相手にとって負担にならない程度の贈り物なので、素直に喜んでもらえ、恐縮されることがないのも、私にとってはプチがうれしい理由の一つです。
豪華なプレゼントを贈れるのならそれに越したことはないですが、あまりにも豪華だと喜んでもらうより先に、恐縮されてしまうことがあり、後味の悪い贈り物になることがあります。
その点、プチギフトならそのようなことがなく、後日、おもいがけないプチお返しに預かったりして、楽しい交流ができるものだと思っています。