結婚報告はがきの基本

結婚報告はがきは新郎新婦二人の日ごろの感謝を込めたごあいさつです。
結婚式に出席した人、招待しなかった人、どちらに対しても二人の素敵な門出を報告しましょう。
式後1カ月から2カ月を目安に、出すといいので、10・11月挙式の人は年賀状と兼用で。
5・6月挙式の場合は暑中見舞いと兼用にするのもいいですね。
最近では、ネットショップで、可愛いデザインの物からかっこいい雰囲気のデザインまで、いろいろな結婚報告はがきが溢れています。
自分たちのイメージに合わせて、選ぶのも楽しいですね。
ショップに限らず、パソコンでは無料のテンプレートも数多く検索できるので、気に入ったデザインを探して、自分たちで作り上げるのもオススメです。
その場合は、結婚式に出席したゲストへ送るなら、そのゲストも写っている写真を結婚報告はがきに使ってみたり、受け取った相手も喜ぶような工夫をするのもいいですね。
二人の幸せな門出を報告し、受け取った方にも祝福してもらえるように頑張って作りましょう。

品川で定評のある葬儀屋全日本葬祭業協同組合連合会に所属する事業者のわずか7.5%と言われる、葬祭業安心度調査でのAAA認定を平成14年以降連続で頂いております。
【家族葬相談センター】横浜市の葬儀はおまかせくださいホームページはスマホ対応しています。 「質」を落とさずに、低価格な葬儀を実現しています。